初期費用を安くする方法ってあるの!?作戦次第で有り得ます

初期費用は申し込む不動産屋により異なる

賃貸物件は、全国の不動産屋で互いにネットワーク接続出来る環境が整っているので、物件情報は手軽に手に入ります。仲介手数料が賃料の半額を謳う店舗で申し込むと、同じ部屋でも家賃半月分の差が出ます。敷金・礼金以外の費用は、大家が指定したものではなく不動産屋がキックバックを受けるために独自に付加しているケースが少なくありません。賃貸物件を借りる時にかかる初期費用は、申し込む不動産屋によって大きく異る可能性があることを知っておくと良いでしょう。

賃貸エージェントを利用すると安くなる

賃貸物件探しが面倒な人が利用すると思われがちな賃貸エージェントは、実際には賢く部屋探しをしたい人に支持されています。入居者からは大家が出している広告料がどのくらいか分かりませんが、賃貸エージェントは大家の広告料を確認出来るので元付け不動産屋との間で広告料の分配比率を交渉出来ます。賃貸エージェントを利用することで、礼金を無料にしたり賃料交渉が出来るのは、客付け不動産屋として元付け不動産屋と独自の手法により交渉が行えるからです。

無駄な費用は思い切って不要と言う

一部の駅前チェーン店で賃貸物件を探すと、入居時の初期費用の中に本来必要ない契約が含まれていることがあります。保証会社契約、消毒費、緊急連絡先ダイヤル、鍵交換費用は任意契約となるものですから、断ることが出来ると知らない人をカモにしている商売です。実際に契約をする段階になった時に、不要な契約は断る勇気も時には必要でしょう。もし言いにくい場合には、最初から賃貸エージェントを利用して、代わりに最初から言ってもらうことも1つの手です。

札幌の賃貸マンションは住みやすいかと思います。田舎の方なので、家賃も安いです。夏も涼しく快適でしょう。