一括借り上げの種類に注意!楽に行うマンション経営

一括借り上げで楽に行うマンション経営

マンション経営をやってみたいけれど管理の仕事が大変そうだと考える人も多いですよね。空室ができてしまうと家賃収入が減ってしまって、ローンの返済が難しくなってしまうかもしれないと心配する人もいるでしょう。そのときに役立つのが一括借り上げを依頼する方法です。管理会社にマンションそのものを借りてもらって、サブリースして経営を行ってもらう方法であり、一切の管理業務を任せてしまえるマンション経営の方法となっています。

一括借り上げと家賃収入

一括借り上げを依頼してマンション経営をすると家賃収入は満室の状態に比べると少なくなります。管理会社が中間マージンを取るからです。特に空室のできるリスクを管理会社側が負わなければならなくなるため、管理業務の一部を委託するのに比べても中間マージンが大きくなりがちなのは注意しておきましょう。管理の仕事を一切行わなくて済むようになり、楽にマンション経営を行えるのは事実なのでその対価だと考えることが大切です。

一括借り上げのときの賃料

一括借り上げを依頼したときに管理会社から渡される賃料は契約の仕方によって違いがあります。空室の程度にかかわらず、毎月一定額の賃料を支払うという契約が一つのパターンです。安定した収入が欲しいときには理想的でしょう。一方、実際に得られている家賃収入の2割から3割程度を引いた金額とするものもあります。また、これらを組み合わせて一定額に家賃収入に比例した金額を足し合わせたものを賃料とする契約もできるため、よく比較して自分に合った形で契約するのが大切です。

マンション経営に伴うリスクの代表格が空室リスクです。空室率が高まると、収益率が悪化するだけでなく、最悪の場合は物件を手放す羽目に陥るためです。