カフェ経営がしたい!店舗の選び方の注意点

カフェ経営なら立地が重要

カフェ経営をしたいという発想を抱いて開業を目指す人も増えてきました。カフェ経営の魅力は、忙しい日々に少しでもリラックスできる時間を作ろうとする現代の潮流をくんで収益性のある営業ができる可能性を秘めている点です。それに加えてコーヒーや紅茶を趣味として来た人がその実力を発揮したいと考えたときにうってつけの場となる点も挙げられるでしょう。カフェ経営ではニーズのある地域を選ばなければ集客が難しく、店舗物件の立地選びが重要になります。

カフェ経営に欠かせない設備投資

立地が良い物件を見つけることができてもカフェ経営を始めるにはしばしば苦労があります。店舗を作るためには設備投資が必要だからです。店舗物件の配管や配線から始めて、厨房設備やフロアの什器などを揃えていると膨大な費用がかかってしまいます。落ち着いた環境を提供するための内装への投資も重要なものであり、一通りのことを行うのに必要な費用を見積もってみると数百万円から一千万円以上にもなることがあるのが事実です。

初期投資を節約する居抜き物件

カフェ経営をしたくても予算面で始められないと考えたら居抜き物件を探しましょう。もともとカフェ経営をしていた物件で、設備がほとんど残してあれば破格で設備を買い取って営業を開始できます。ただし、良い立地に見つけられるかはシビアな問題であり、よく店舗物件の出入りに注意しておかなければなりません。逆に店舗物件の紹介を業者に依頼しておいて、理想的な物件が見つかったときをタイミングにして開業に踏み切るのも良いでしょう。

居抜きと呼ばれる店舗物件は、前オーナーが残した厨房などの設備がそのまま残っている物件のことです。居抜きを上手く利用することで、イニシャルコストを大きく削減出来ます。