キッチンにこだわりたい!失敗しないためのデザインの方法

キッチンの自由なデザインは注文住宅の魅力

キッチンを自由にデザインできることは注文住宅を建てる際の魅力の一つとして、特に料理好きの主婦にとっては魅力的なものでしょう。対面式キッチンを採用したり、十分にスペースがあって料理を楽しめるようにしたりといった様々な希望を叶えさせてくれるのが注文住宅のメリットです。キッチンへのこだわりが大きいときほど建売では決め兼ねてしまうことが多いのも事実であり、注文住宅を選ぶ根拠の一つとしてもよく挙げられています。

使う人がデザインするのが大事

キッチンを自由にデザインできるという魅力があって注文住宅を選ぶなら、使う人にデザインしてもらうようにしましょう。これが良いと言われているものであっても、使う人の立場からすると使いづらいことはよくあります。料理の仕方にも人によってくせがあるので、キッチン台の高さやキッチンスペースのレイアウトなどの使いやすさは使う人によって大きく異なるのです。自分でデザインしてもらえば満足度の高いキッチンがデザインできるでしょう。

動線を考えてレイアウトを決定

キッチンのデザインを任された人は自分が料理をするときの動線を考えてキッチンレイアウトを考えることが大切です。自分が料理をするときの手順を考えて、無駄な動きをあまりしないで欲しいものが順々に手に入れられるようにレイアウトを考えてみましょう。キッチン台、コンロ、冷蔵庫、食器棚の位置関係は特に重要です。この他にも細かな調味料の置き場なども考えて、実際に料理をしている姿を想像しながらレイアウトを考えると使いやすいデザインに仕上げられます。

注文住宅の申し込み方を理解するために、いくつかの物件の管理会社のスタッフと交渉をすることがポイントです。