不動産屋選びを行なう時のチェックポイント3選

予算内でキッチリ収める不動産屋は良心的

不動産屋に行くと最初に受付票を記入することが多いでしょう。家賃の予算を記入すると、本来ならば予算内で案内する筈ですが、実際には予算を少し超えた金額の賃貸物件を紹介してくることが多いです。なぜなら、仲介手数料は賃料が高いほど多く入るので、予算額を少し超えた範囲の部屋を平気で案内して来る不動産屋は儲け主義と一発で分かってしまいます。複数の不動産屋を回ると分かることとして、無理な案内をしてくる場合には優良物件に出会えないことが多いので、チェックポイントとして予算内で案内するかは重要です。

サブリース物件の案内伺いをすると安全

賃貸物件探しを行なう上で避けたい部屋に、サブリース物件があります。大家が不動産屋に一括で貸し出して、不動産屋が入居希望者に又貸しする方式がサブリースですから、借地借家法に基づく権利が完全に保証されない問題点があります。入居規約が厳しいので、トラブルが発生した時に強制退去となる判断を不動産屋が行なうので、避けることが無難です。サブリース物件を案内しても良いか伺いを立てる不動産屋ならば、安心出来るでしょう。ただし、サブリース物件の案内は断るのが安全なことには変わりありません。

内見を急かさない不動産屋なら信頼できる

繁忙期の1月から3月は仕方ないとしても、それ以外の時期に内見を急かす不動産屋には注意が必要です。最初に案内される賃貸物件は、大家からの広告料が多く出る部屋がランダムに選ばれるので、条件に合っているとは限りません。次に案内される部屋のランクを落とすことで、相対的に良く見せるテクニックがあるので要注意ですよね。優良物件を探す場合には、初回訪問時は内見をせずに不動産屋の出方を見ることも、優良物件を提示させるテクニックとして使えることを覚えておくと良いでしょう。

札幌市清田区の賃貸物件を選びたい時には、常に最新の物件の居住環境や契約プランの内容を見極めることが必要です。